トップ 活動報告・活動計画 平成24年度(報告)
活動報告・活動計画
平成24年度(報告)

 

全国科学館連携協議会は、地域における科学技術普及の拠点である科学館等の連携促進を図り、科学館事業の振興に寄与することを目的として設立され、連携活動を展開している。平成24年度の主な実施事業を以下に示す。


 1.協議会の運営

 

 

 1-1. 会員管理
科学館等の施設をもたない加盟企業や加盟団体の位置づけを明確にし、科学館事業の振興に寄与する企業・団体の入会を促進することを目的に、下記の会員の会員種別を創設した。
正会員 ・・・連携協議会の目的に賛同し活動する科学館等の施設
協力会員・・・連携協議会の事業に協力する団体
協賛会員・・・連携協議会の事業に協賛する団体

 

1-2. 入退会等
[新規加盟](3団体)
・株式会社総広(協力会員)
・北陸放送株式会社(協力会員)
・マブチモーター株式会社(協賛会員)
[退会](8団体)
・アトムワールド(関東・甲ブロック)
・アクアトム(東海ブロック)
・ほくでん 科学であそぼ おもしろ実験室(北海道ブロック)
・日本原子力発電株式会社 東海テラパーク(関東・甲ブロック)
・史跡 生野銀山と生野鉱物館(近畿ブロック)
・株式会社デュポン(関東・甲ブロック)
・株式会社リバネス(協力会員)
・エクスプローラーズ・ジャパン株式会社(関東・甲ブロック)
[協力会員](12団体)
・NPO法人体験型科学教育研究所(関東・甲ブロック)
・株式会社トータルメディア開発研究所(関東・甲ブロック)
・株式会社NHKプロモーション(関東・甲ブロック)
・株式会社NHKメディアテクノロジー(関東・甲ブロック)
・株式会社ココロ(関東・甲ブロック)
・株式会社シー・ピー・ユー(関東・甲ブロック)
・株式会社博秀工芸(関東・甲ブロック)
・株式会社ムラヤマ(関東・甲ブロック)
・ジャパンGEMSセンター(関東・甲ブロック)
・レゴジャパン株式会社(関東・甲ブロック)
・広島ガス株式会社(中国・四国ブロック)
・英進館株式会社(九州ブロック)

 

 1-3.会議の開催
(1)第22回全国科学館連携協議会幹事会
平成24年7月4日(水)に日本科学未来館において幹事会を行い、次の議事について確認した。(出席:会長1名、副会長1名、監事2名、ブロック幹事9名、事務局長1名、事務局2名)
[議事] 
・平成24年度役員(案)
・平成23年度事業報告(案)および決算報告(案)
・平成24年度事業計画(案)および予算計画(案)
(2)第22回全国科学館連携協議会総会
平成24年7月4日(水)に日本科学未来館において総会を開催し、上記の議事について承認を得た。(出席:57団体、70名)また総会にあわせ、以下の発表等を行った。
[ブロック活動の報告]
6ブロックの幹事館より活動報告が行なわれた。
仙台市科学館 石井館長(東北ブロック)、佐久市子ども未来館 持木館長(関東・信越ブロック)、名古屋市科学館 鈴木学芸課長(東海ブロック)、兵庫県立人と自然の博物館 企画調整室 赤澤室長(近畿ブロック)、広島市こども文化科学館 小林主任(中国・四国ブロック)、福岡県青少年科学館 科学教育チーム 梶係長(九州ブロック)
[新規貸出巡回展示物の紹介]
以下の新規展示物について、各展示物提供機関の担当者による紹介を行った。
・出動! 国際緊急援助隊 災害に対する日本の取り組み
・SATREPS写真展 –Wonderful World 地球のために、未来のために
[話題提供]
科学技術振興機構(JST)より以下の話題提供を行った。
・科学コミュニケーションセンター、理数学習支援センターの設立について
・実験パッケージの巡回運用について
[施設見学]
川崎市 藤子・F・不二雄ミュージアム〈平成24年7月5日(木) 24名参加〉


 
2.加盟館の連携推進

 

2-1.巡回展等
加盟館を対象に、下記16種類の巡回展示の募集を行い、平成24年4月–平成25年3月の期間で調整・貸出を行った。
・[新規]出動!国際緊急援助隊(3館)
・[新規]SATREPS写真展 –Wonderful World 地球のために、未来のために(1館)
・[新規]TOP OF THE TOP ! - 世界の頂点をめざす研究者30名(1館)
・毛利宇宙飛行士の部屋(3館)
・スーパー・カミオカンデ 光電子増倍管巡回パッケージ(1館)
・しんかい6500の軌跡(3館)
・はじめての海の科学(1館)
・日本の宇宙科学の歴史(3館)
・太陽のふしぎ(4館)
・月のふしぎ(3館)
・日時計の楽しみ(4館)
・地震の巣を解明せよ(3館)
・はやぶさ君の冒険日誌(6館)
・阪神淡路大震災から防災研究はどう変わったか(3館)
・地球から宇宙へ(6館)
・放射線とエネルギーの科学(9館)

 

2-2.事業への後援
加盟館および関係機関が実施する事業で、全国科学館連携協議会の設立趣旨に合致する事業に対し、後援を行った。(9件)
・第14回 全国ジュニア発明展  4月1日(日)– 3月31日(日)
・千葉市科学フェスタ2012  4月1日(日)– 3月31日(日)
・第54回 科学技術映像祭  4月1日(日)– 3月31日(日)
・青少年のための科学の祭典2012  5月20日(土)– 3月31日(日)
・第11回全国こども科学映像祭  6月1日(金)– 2月9日(土)
・特別展「絶滅ほ乳類の世界」  7月14日(土)–9月17日(月)
・ひとはく開館20周年シンポジウム「新たな博物館の役割と地域貢献」  10月13日(土)
・サイエンスアゴラ2012  11月10日(土)、11日(日)
・第20回 サイエンスショーフェスティバル  2月3日(日)、4日(月)


2-3.協賛等
加盟館のうち希望館に対して、下記の企業より物品(乾電池やモーター)の協賛を得て提供を行った。
・日立マクセル(株) :21館へ提供  28,534個 
・マブチモーター(株):18館へ提供    7,361個

 

2-4.ブロック会議の実施
 以下のブロック会議の開催にあたり7ブロックへの助成を行った。
・関東信越ブロック会議 (会場:上田創造館) 9月21日(金)参加12名
・関東甲ブロック会議 (会場:リスーピア) 10月28日(日)参加28名
・東北ブロック会議 (会場:奥州宇宙遊学館) 11月8日(木)–9日(金)参加45名
・九州ブロック会議 (会場:福岡県青少年科学館)11月27日(火)–28日(水) 参加21名
・東海ブロック会議 (会場:名古屋市科学館)12月5日(水)–6日(木)参加35名
・近畿ブロック会議 (会場:兵庫県立人と自然の博物館) 2月12日(火)参加12名
・中国四国ブロック会議(会場:広島市こども文化科学館)2月20日(水)–21日(木)参加6名

 

2-5.国内科学館職員研修
加盟館に共通する課題や活動成果について発表および協議し、加盟館の活動の一層の充実を図るため、国内科学館研修を実施した。
(1)第1回国内科学館研修
開催日: 平成24年11月11日(日)、12日(月) 計2日間
会 場: 日本科学未来館、相模原市立博物館、JAXA相模原キャンパス
参加者: 41名
テーマ:「科学館と大学・研究機関との連携事例」
主な内容:
・シンポジウム「科学を街に –科学フェスティバルの創り方?」
・加盟館等視察(相模原市立博物館・JAXA相模原キャンパス)
・事例紹介「大学・研究機関との連携事例–静岡大学との連携」
静岡科学館る・く・る 次長 長澤友香
・事例紹介「企画展と連動したサイエンスカフェの実施成果について」
佐久市子ども科学館 館長 持木正隆
・事例紹介「”マッスルセンサー”をつかった研究者のアウトリーチ活動」
自然科学研究機構 生理学研究所 准教授 小泉周
・ワークショップ「科学コミュニケーション研修–専門家から非専門家へ」
日本科学未来館 科学コミュニケーション専門主任 森田由子
(2)第2回国内科学館研修
開催日: 平成25年2月11日(月・祝)、12日(火) 計2日間
会場:  兵庫県立人と自然の博物館
参加者: 26名
テーマ:「博物館・科学館における市民対話・市民参画」
主な内容:
・「共生のひろば」視察
・加盟館視察(兵庫県立人と自然の博物館)
・事例紹介「大阪科学技術館における市民対話・市民参画」
大阪科学技術館 普及事業部 副部長 津田宜孝
・事例紹介「人と防災未来センターにおける市民対話・市民参画」
人と防災未来センター 事業部普及課 課長 花本浩
・事例紹介「競創社会の構築に向けた科学コミュニケーション活動」
日本科学未来館 科学コミュニケーション専門主任 池辺靖
・講演「対話の場のネットワーク化に向けて」
大阪大学コミュニケーション・デザインセンター 准教授 八木絵香
・講演「ひとはく流アウトリーチ –ネットワーク構築をめざして」
兵庫県立人と自然の博物館 研究員 藤本真里

 

2-6.海外科学館視察研修
科学技術分野の人材育成を国策として推進している東南アジア地域の科学館を視察し、科学館における教育プログラムなどを視察調査し、視察先との意見交換を行った。
日 程: 平成25年2月18日(月)–2月23日(土)4泊6日
視 察 先: クアラルンプール(マレーシア)、シンガポール、ジャカルタ(インドネシア)
参加者数: 8名
訪問先:
・マレーシア国立科学センター[クアラルンプール]
・ディスカバリーセンター[クアラルンプール]
・シンガポール科学センター[シンガポール]
・JSTシンガポール事務所[シンガポール]
・インドネシア国立博物館[ジャカルタ]
・インドネシア科学技術センター[ジャカルタ]