トップ 活動報告・活動計画 平成20年度(計画)
活動報告・活動計画
平成20年度(計画)

【I. 連携協事務局の運営】

1. 事務局運営

[1] 加盟館の増加

  • 狭義の科学館だけでなく、動植物園や水族館など、理科・科学技術に関わる対象を広く捉える。
  • 科学館事業の振興に寄与する企業等の入会を促進する。 「協力会員」として分類する。
  • ブロック活動等での科学館の交流機会を増やし、加盟促進として会員以外の参加も受け入れる。

[2] 経費削減と活動の活性化

  • 年報をWEBに掲載することにより印刷代や発送代を削減しつつ、多くの会員の閲覧を可能とする。 また、資料、各種申請書式等の発送についても、可能な限りE-mailを活用する。
  • 企業等の支援事業を活用する。

[3] その他

  • 国の施策に対する加盟館の意見のとりまとめ。 (アンケート等を実施。 )
  • 大臣表彰推薦の斡旋。

2. 会議運営

[1] 総会、幹事会の開催、ブロック会議のサポート

  • 総会、幹事会を定期的に開催する。
  • ブロック会議をサポートし、科学館等の連携促進をはかる。

【II. 科学館連携推進事業】

1. 各館の活動支援

[1] 展示等の貸与・贈与、巡回展の斡旋。

  • 巡回展示「毛利宇宙飛行士の部屋」、「巡回パネル展」の貸出、調整。
  • 加盟館の展示等の貸与・贈与がある場合、その調整を行う。
  • 加盟館の活動(巡回展、教育プログラム、ワークショップ等)の紹介を行う。

[2] 後援、祝辞等の発信

  • 加盟館や関連機関が実施する事業への後援や、加盟館のリニューアルオープンや記念式典等における会長祝辞等に対応する。

[3] イベント支援

  • 企業の支援事業(モーターや電池等の提供)の斡旋に協力する。
  • 物品提供における募集の取りまとめ、発送、支援企業への報告書の取りまとめを行う。

2. 広報・情報共有活動

[1] 情報共有のネットワークとしての連携協

  • 科学館運営に有用な情報を、事務局から一斉送信して情報を共有する。

[2] 各加盟館からの情報発信への協力

  • 各加盟館からの連携協全体への情報発信依頼に対し、E-mailでの一斉送信等の協力をする。

[3] WEBシステムの充実

  • ホームページをリニューアルし、効果的な活用に取り組む。
  • 加盟館からの最新情報掲載、基本情報登録が可能なWEBシステムを構築する。
  • 加盟館の基本情報の管理を行う。
  • 加盟館に対するアンケートの実施におけるWEBやE-mailの活用をはかる。

3. ブロック活動・館員交流

[1] 科学館職員研修

  • 科学館職員研修(国内外)の実施希望調査(アンケート)を実施し効率的・効果的な研修を実施する。

[2] ブロック活動の活性化

  • 現場スタッフが参加できる各ブロックの研修会の実施を支援する。