全国科学館連携協議会加盟館による新規展示物開発の支援と、
巡回展示物の活性化を図るため、制作費助成を募集します。

<事業の概要>

・助 成 額:20万円

・対  象:加盟館が企画する新規展示物を、展示後に連携協
      巡回展として活用出来る企画

・応募期間:平成28年8月17日(水)− 平成28年11月18日(金)

・審査決定:連携協役員

・納  品:平成28年度中

・そ の 他:所定の申請書および完了報告書の提出
      貸出の際には連携協と覚書を締結

詳しくは、下記ファイルをご覧ください。

・新規巡回展示物助成事業応募要項[pdf形式]
 http://jasma.sc/files/file296.pdf

・新規巡回展示物助成申請報告書_様式1-2[pdf形式]
 http://jasma.sc/files/file295.pdf

申請報告書エクセルデータが必要な方はご連絡ください。
不明点やご質問は、連携協事務局までお問い合わせください。


平成28年度全国科学館連携協議会「総会」にて
ご案内させていただきました「H28相互人材交流事業」について
実施館の募集を開始いたします。

<経緯・主旨>
平成26年度の総会において、館の垣根を越えた相互人材交流(移籍しない範囲)の
実施について了承を得て、平成27年度において、3件実施を予定していたが、調整の結果、
1件の相互人材交流事業を実施した。

平成28年度においても、実施結果踏まえた上で試行実施の調整を行い、
平成29年度の本格運用を目指す。
なお、平成28年度は短期(5日間)の募集をし実施予定。


<目的>
各加盟館がもつノウハウやスキルを相互に学び合い、研修者のスキルアップを自館の
活動拡大創出の機会に繋げる。また、人材交流をきっかけに、実施館同士が継続的かつ
自発的な交流を図ることをねらいとする。


■詳細は以下ファイルにてご確認ください。
・H28相互人材交流に関する募集要項
 http://jasma.sc/files/file292.pdf

・H28相互人材交流に関する実施申請書
 http://jasma.sc/files/file293.doc


平成28年度全国科学館連携協議会「総会」にてご紹介させていただきました、
白川英樹博士「特別実験教室」巡回実施事業について、実施館の募集を開始いたします。

<趣旨>
 ノーベル賞化学者である白川英樹博士と日本科学未来館は、共同で開発した
 導電性プラスチックの合成と応用に関する実験教室を、白川博士が全体講師を
 務めながら未来館等で実施してきました。今回、旭化成株式会社のご協賛を得て、
 全国の科学館等で実施する機会を持ちたいと考えます。

<目的>
1. 各地域の子ども達が特別実験教室に参加し挑戦する機会を提供すること。
2. 各科学館が、地域の様々な機関の中軸となり、先端科学・技術をテーマとした
  実験教室に挑戦する機会をするとともに、当該実験テーマの内容と方法などを
  継続的に各科学館で利用・実施していただくこと。
3. 各地域の小中学校の先生にも実験指導補助者となっていただき、先生方への
  刺激となること。


■詳細は以下URLにてご確認ください。
 http://jasma.sc/modules/activity/index.php?content_id=28


平成28年度近畿ブロック会議のご案内

1 開催日時 平成28年6月21日(火)13時30分から16時00分まで

2 会議会場 バンドー神戸青少年科学館
      (兵庫県神戸市中央区港島中町7丁目7-6)

3 開催要項 別紙のとおり

4 参加確認表 別添のとおり

5 連 絡 先 ・ 担 当
  兵庫県立人と自然の博物館 鈴木
  TEL 079-559-2001


【H28近畿ブロック会議開催概要】
http://jasma.sc/files/file260.pdf

【別紙参加確認表】
http://jasma.sc/files/file261.doc


熊本地震による被害へのお見舞い(平成28年4月28日)

平成28年4月14日以降、熊本県で発生した地震の被害により
亡くなられた方に謹んでお悔やみを申し上げますとともに、
被災された方々に心よりお見舞い申し上げます。

全国科学館連携協議会、全国科学博物館協議会では
各会員とともに、被災された科学系博物館・科学館等の施設が
いち早く復興し、地域の拠点として活躍されるよう
ともに進んでいく所存です。


          全国科学館連携協議会 会長  毛利衛
          全国科学博物館協議会 理事長 林良博


« 1 2 3 (4) 5 6 7 ... 20 »