全国科学館連携協議会では、ワークショップ「自動運転で 動く車のしくみ」を
実施する館を募集いたします。

 本プログラムは、日本科学未来館とビー・エム・ダブリュー株式会社が共同で
開発したもので、自動運転の仕組みをテーマにしたプログラミング体験を通して、
論理的に物事を考える力を育てるプログラムです。
実施にあたっては、ビー・エム・ダブリュー株式会社の協賛のもと、
実験キットをはじめ実施に必要なマニュアル、ワークシート等をご提供いたします。


<概要>
 LEGO社のロボット「EV3」を使って、自動運転に用いられる技術をロボットで
再現することで、一人一人が試行錯誤しながら目的を達成するプログラムです。
それらの活動を通して、論理的に
物事を考える力を醸成するとともに、自動運転が広がっていく未来についても考えます。

<募集期間>
 平成29年6月15日(木)から平成29年7月21日(金)正午まで

<実施期間>
 平成29年11月から平成30年3月上旬までに実施


■詳細は以下ファイルにてご確認ください。
・【募集要項】ワークショップ「自動運転で動く車のしくみ」.pdf
http://jasma.sc/files/file380.pdf


・【応募用紙】ワークショップ「自動運転で動く車のしくみ」.doc
http://jasma.sc/files/file378.doc


第27回(平成29年度)全国科学館連携協議会 総会について、
下記のとおり開催が決まりましたので、ご連絡いたします。

総会の開催について
 <総会>
  ・日時:平成29年7月5日(水)13:00-16:30
  ・会場:日本科学未来館 7階 未来館ホール
  ・プログラム:
    平成28年度事業報告(案)および決算報告(案)
    平成29年度事業計画(案)および予算計画(案)
    各ブロックの活動報告
    海外研修報告
    白川英樹博士特別実験教室全国展開事業の実施報告
    新規巡回展示物の助成事業の実施概要報告
    話題提供(文部科学省 ほか)
    各館からの連絡
     ※総会後に情報交換会を開催(未来館近隣施設を予定)

 <施設見学>(希望者のみ)
  ・日時:平成29年7月6日(木)9:50-17:00
  ・場所:日本科学未来館 視察見学
      ※自由解散となります。

[添付資料]
 【連携協】平成29年度 総会の開催案内(pdf版)
  http://jasma.sc/files/file370.pdf
 
 【連携協】平成29年度 総会の出欠確認書(Word版)
  http://jasma.sc/files/file371.doc


平成29年度の実験キットの貸出希望を受け付けます。
詳細は、以下のホームページサイトをご覧下さい。
お申込をお待ちしております。

1.貸出期間 平成29年4月-平成30年3月
2.貸出対象 全国科学館連携協議会 加盟館
3.貸出費用 無料
       ※ただし、輸送料(往復)および消耗品は利用者の負担となります。
4.貸出する実験キット
       5種類(うち、1件は新規)
5.貸出方法 予約申込書を事務局までメールでお申込みください。


■H29実験キットの貸出募集について
 http://jasma.sc/modules/activity/index.php?content_id=25

以上


1 開催日時 平成29年3月17日(金)13時00分から17時00分まで

2 会議会場 施設見学 麻布大学「いのちの博物館」
       会議 相模原市立博物館

3 開催要項 別紙のとおり

4 出欠連絡票 別添のとおり

5 連 絡 先 ・ 担 当
  相模原市立博物館
  担当:佐々木



【H28関東ブロック会議の開催について】
 http://jasma.sc/files/file357.pdf

【H28関東ブロック会議参加確認用紙】
 http://jasma.sc/files/file358.doc


白川英樹博士特別実験教室全国展開事業の一環として、2017年3月4日(土)、実験教室をスリーエム仙台市科学館にて開催します。

<概要>
イベント名: 白川英樹博士特別実験教室
開催場所: スリーエム仙台市科学館(仙台市青葉区台原森林公園)
開催日時: 2017年3月4日(土) 13:00-16:30
監修・講師: 白川英樹氏 (筑波大学名誉教授)
参加者数: 24名
主催: スリーエム仙台市科学館、全国科学館連携協議会
共催: 日本科学未来館
協賛: 旭化成株式会社

<2016年度白川英樹博士特別実験教室全国展開事業について>
本事業は、白川英樹博士自らが実験を通して化学の不思議さ、面白さを伝える特別実験教室を各地で実施していく取り組みです。 実験教室のテーマは、電気を通すプラスチック「導電性プラスチック」。2003 年より日本科学未来館で開催している実験教室「ノーベル賞化学者からのメッセージ 導電性プラスチックを作ろう!」を全国展開用にパッケージ化し、 福井県児童科学館(2016年12月)、スリーエム仙台市科学館(2017年3月)にて開催するものです。
本事業の実施を通し、全国各地の子ども達に化学の面白さを体験できる機会を提供するとともに、実施科学館が継続的に本格的な実験教室を運用する契機となることを目指しています。

事業名: 2016年度 白川英樹博士特別実験教室 全国展開事業
主催: 全国科学館連携協議会、福井県児童科学館、スリーエム仙台市科学館
共催: 日本科学未来館
協賛: 旭化成株式会社

<関連リンク>
スリーエム仙台市科学館
日本科学未来館
旭化成株式会社


(1) 2 3 4 ... 20 »