巡回展の一覧

巡回展示物:Lesson#3.11 学びとる教訓とは何か

Lesson#3.11 学びとる教訓とは何か

震災から6年が経ち、私たちはそこから何を学び、どう変わったのでしょうか? 3.11の教訓とは何か、さらに3.11を経験した社会として、今私たちは何をしなければならないのかについて考えるパネル展示です。

3.11は、私たちがこれまであまり意識しなかった、自然災害と原発事故のリスク、そしてエネルギー選択の重要性に目を向けるきっかけとなりました。展示ではそれらのトピックをとりあげ、関連する科学情報(「DATA」)を提供します。来場者はその情報をもとに、答えのない問題に向き合い意見発信します(「Lesson」)。さらに、その問題の一つの答えともいえる事象(「CASE」)について、紹介するという構成です。

<展示構成>
はじめに

1. 見えないリスクを想像せよ
自然現状や、科学技術の背後にあるリスクは、ふだんは見えませんが何かをきっかけに姿を現し再び消えていきます。現れては隠れるリスクの存在を、私たちは常に意識しておく必要がありそうです。

1-1巨大地震と巨大噴火
1-2福島原発事故は、今も続いている

コラム 放射線の基礎

2.エネルギーの選択は未来の選択
福島第一原子力発電所の事故は、日本の電力システム の脆弱性を浮き彫りにしました。私たちは今後、どのようなエネルギーを選ぶべきなのでしょう。震災後、導入の進んでいる「再生可能エネルギー」を取り上げ、その利点と課題を考えていきます。

おわりに 

パネル内容は以下のイベントアーカイブでもご覧いただけます。
参考:未来館イベントページ
利用上の注意点
1.データ利用の場合、原稿・写真の抽出・編集等をしないこと
2.施設内での掲示のみとし、リーフレット等に加工して二次配布をしないこと

企画・制作:日本科学未来館
協力:全国科学館連携協議会


<内訳と推奨出力サイズ>
・タイトルパネル:B0×1枚
・はじめに/おわりに:B1×2枚
・各章のリードおよびコンテンツパネル:B0×15枚