巡回展の一覧

巡回展示物:星空ウォーク―遠くをのぞくと昔がわかる!?―

星空ウォーク―遠くをのぞくと昔がわかる!?―

3次元に配置したカシオペヤ座のなかを散歩しながら、星空の奥行きや宇宙空間の広がりを体験する展示です。
おもな対象は小学校高学年以上。宇宙空間の奥行きを直感的に知る体験型展示と、最新の宇宙観測を紹介するパネル展示、ワークシートから構成されています。

カシオペヤ座という身近な星座をテーマに夜空の奥行きを体験することで、宇宙には人間の想像もおよばないような時間スケールの世界が広がっていることを伝えるとともに、体験者を“時間”と“空間”という科学的な概念の理解へと導きます。
また、最新の研究が明らかにする宇宙の姿や宇宙観測の最新トピックを紹介し、新しい世界観とそれを探り出す研究への興味を刺激し、宇宙を探る夢に挑むきっかけを提供します。

企画・制作:日本科学未来館
協力:国立天文台 TMT推進室
   全国科学館連携協議会

「星空ウォーク―遠くをのぞくと昔がわかる!?」は、1.カシオペヤ座体験展示、2.パネル展示、3.ワークシートを使ったアクティビティから構成されています(各構成要素については、画像をご覧下さい)。

■展示物一式
1.カシオペヤ座体験展示
・タイトルスクリーン(90 cm×220 cm)1枚
・背景用の星空柄スクリーン(90 cm×220 cm)5枚
・星座を構成する星のスタンド5本
・床置き用サインマット計13枚(導入用円形1枚、星形6枚、矢印型5枚、土星型1枚)
2.パネル展示
・展示パネル(B2版)5枚
*各パネルは、裏面上部2ヶ所に展示用フックがついています。ヒモや、写真のイーゼルは巡回展示物に含まれませんので、ご了承ください。
3.ワークシートを使ったアクティビティ
・カシオペヤ座スケッチ案内パネル(B2版)1枚
・床置き用サインマット(観測ポイント表示用)2枚
・ワークシートのデータ入りCD 1枚
■展示設置マニュアル 一冊

★展示方法
・5m×5m以上のスペースがあると理想的ですが、若干せまくても設置可能です。
・体験型展示とパネルを別々に設置することもできます。
・設置および解体には、大凡3名で各1時間半ほどかかります。

★輸送について
・展示品一式は、下記のとおり6つの箱に収められ、合計重量は約70kgです。宅急便もご利用いただけますが、JITBOX便での配送をお勧めします。
・各箱のサイズおよび重さは以下の通りです。
  箱1 57×80×11 cm、11.5 kg
  箱2 45×60×42 cm、10 kg
  箱3 24×110×28 cm、4.7 kg
  箱4 51×84×24 cm、20.2 kg
  箱5 21×122×21 cm、9.5 kg
  箱6 23×107×16 cm、13.5 kg

※参考:JITBOX便配送基本料金(税抜き)
    東京ー新潟 14600円
    札幌ー福岡 63000円
    金額は各館で配送業者に見積もりをお取りください。