巡回展の一覧

巡回展示物:生物多様性 - 人と自然の共存

生物多様性 - 人と自然の共存

生物多様性や日本の開発途上国に対しての環境保全分野における取り組みを紹介します。

生物多様性とは、自然が織りなす豊かな生物の世界の総称のことです。私たち人間の生活は、食糧・水・空気・医薬品など、自然環境がもたらす多様な生物資源に直接的/間接的に支えられています。
しかし近年、自然資源の過剰な利用が進み、環境が急激に悪化しています。生物多様性の恩恵を受けて発展してきた私たちがこの豊かな自然の恵みを未来に残していくためには、自然環境と人間活動の調和に向けて行動する必要があります。
生物多様性や日本の開発途上国に対しての環境保全分野における取り組みを知ることで、私たち一人一人が自分自身の生活を振り返り、「自然とともに生きる」ということについて考えることにつなげていきます。

企画・製作:国際協力機構(JICA)
協力:全国科学館連携協議会

A. 生態系ピラミッドゲーム(東南アジア/アフリカ) (400×700×300)
ふったサイコロの出た目(合計)の指示に従うと、動植物にみたてたキューブを並べたピラミッドがアンバランスになったり、崩れたりします。どんな活動によって環境が破壊され、またどんな活動が自然を守ることにつながるのか、そして自分に出来ることはどんなことか、体験を通して考えます。

B. 生き物つながり発見ゲーム (420×840×360)
私たちの身の回りには自然をヒントに作られているものがたくさんあります。ゲームを通してそれらと生き物とのつながりについて知ることができます。

C. コンパクト展示セット
現在の人間生活が様々な生物資源によって支えられていることや、私たち自身もその一部であることを、釣りやたまごクイズをゲーム感覚で楽しみながら学ぶことが出来ます。

D. 生物多様性に関する説明パネル (A1サイズ×5枚)
生物多様性とは?なぜ今自然を守らなければいけないのか?意外と知られていない自然からのヒント等について、紹介しています。

E.JICAの環境保全に関するプロジェクト紹介パネル(A1サイズ×6枚)
JICAが開発途上国で実施している、環境保全に関するプロジェクトを紹介します。

F.JICA事業概要パネル(A2サイズ×1枚)
JICAがどのように開発途上国に対し協力しているかを紹介しています。

G.バナー(1200×2000/2本)
地球上に多種多様な生物が存在し、それによって豊かな自然が形成されていることや、その恩恵を受けて私たち人間の生活が成り立っている様子を表現しています。

■送料等
専用パッケージ5箱をJITBOXチャーターボックス便で輸送。
(チャーターボックス1つ内に収まります。)
参考:北海道ー東京 47,000円程度
   長崎ー福井 32,000円程度
   金額は各館で配達業者に見積もりをお取りください。