全国科学館連携協議会とは
沿革

1993年 1月 全国科学館連携協議会発足
会長 つくばエキスポセンター館長 福島 公夫氏
事務局を財団法人つくば科学万博記念財団に設置
全国を8ブロックに分割
加盟館63館
1994年 移動展等促進事業・人材育成事業 開始
会長がつくばエキスポセンター館長 榊 幹雄氏に交代
1995年 情報サービス事業 開始
1997年 機関紙発行
1998年 会長がつくばエキスポセンター館長 山上 琢二氏に交代
2000年 工作・実験教材等支援事業 開始
2002年 事務局を日本科学未来館に移管
会長が日本科学未来館館長 毛利 衛氏に交代
2003年 加盟館164館
2006年 協賛物品提供 開始
宇宙桜譲渡
会長が日本科学未来館総館長 石田 寛人氏に交代
2007年 協力会員の創設
2008年 一斉送信メール 開始
会長が日本科学未来館総館長 沖村 憲樹氏に交代
2009年 WEBサイトリニューアル
2010年 東北地方太平洋沖地震緊急特設サイトを開設
2012年 正会員・協力会員・協賛会員の創設
実験キット貸出 開始
会長が日本科学未来館館長 毛利 衛氏に交代
2013年 加盟館178館
2014年 全国ブロックの再編実施
2015年 新規巡回展示物開発助成事業 開始
相互人材交流事業 開始
2016年 世界科学館デーへの協力 開始
白川英樹博士特別実験教室全国展開事業 開始
2017年 ワークショップ「自動運転で動く車のしくみ」全国展開事業 開始
加盟館187館